爪切りではなく爪やすりで形を整えてオイルで保湿も忘れずにするのがおススメです!

爪が長くなってきたら、爪切りでバチンバチンと雑に切ってしまってはいませんか?すると、爪に力が入りすぎて縦にヒビが入ったり、どうしても形がガタガタになってしまったりしてませんか?
そんな切りすぎやひび割れ防止、爪に優しいのが、エメリーボードやファイルと呼ばれる爪やすりを使うことです。今は100均でも売っていますので簡単に手に入ります。爪やすりで軽くリズミカルに、シュッシュッと削れば好みの長さと形に自然な感じに整えられます。そして、ネイルをした後もそのままネイルをしない場合でもネイルオイルで保湿することをおススメします。これは爪や爪の周りの皮膚の乾燥を防いでくれます。100均でも売っていますが、ネットショップやネイルのコーナーでちょっとだけ良いものを買うことをおススメします。というのも、ボトルや香、スティック状のものなど、きっと心ときめく物が見つける楽しみが待っているからです!

実は人気箇所?痛くない!こわくない!デリケートゾーンVIO脱毛やってみました!

デリケートゾーンVIO脱毛の興味がある女性、実は多いのではないでしょうか。やってみたい、でも躊躇する1番の理由が「猛烈に痛そう」だからだそう。本当に痛いのか、実際に体験してみました。私が体験したのは「光脱毛」です。光脱毛はレーザー脱毛に比べ、脱毛効果はやや劣るものの肌にも優しく痛みもかなり軽減されているそう。ドキドキしながら光照射!!ん・・・・痛くない!!ほんの~り暖かい、と言ったレベル。もちろん個人差、脱毛機器差はあると思いますが、照射前に低温ジェルも塗るので感覚も鈍くなっていたのか、本当にこのまま寝られるな、ってくらい痛みは弱かったです。約10回ほど通うとほぼほぼ気になっていた毛は生えてこなくなりました。生理中のムレも防げて良いこと尽くしのVIO脱毛。気になっているのなら是非勇気をだして挑戦してみて下さい。

ダイエット成功の鍵は太った原因を明らかにする事。大好きな間食を止めるためにした週に一度のご褒美間食

ダイエットで約1年間に12キロ痩せました。これまでどんなダイエットも挫折してきたのに、なぜ成功したのか理由はいくつかありますが、人生最大に太った事も大きかったと思います。一見マイナスに感じますが、絶対に痩せなければ!という決心が強かったのだと思います。食べる事が大好きなのでご飯も目一杯、更に間食も好きなだけ食べるという生活を何年もしてきました。太った最大の原因は、腹十二分目のご飯と大好きなお菓子の間食でした。それが分かっているのですから、それを止めれば良いだけの事ですが、これが一番難しくもあります。まずは腹八分目の食事にするために主食をおかゆにして、間食の禁止、でも週に一度だけはご褒美にお菓子を食べました。ストレスを溜めたくなかったので、やったのはこれだけです。それでも順調に体重が減ってくると、週末のご褒美を目標に頑張りきれました。悪い習慣が止める事が出来たので体にも良かったと思います。

足のむくみが気になり、ここ数カ月ファンファレから発売されているするるのおめぐ実を愛飲しています

健康や美容のため、移動手段は徒歩を用いることが多い私。音楽を聴きながら歩くのはなかなか楽しいもので、特に苦はなかったのですが、気になってくるのが足のむくみです。家を出るときは余裕のあったブーツも徐々にパンパンになり、帰宅後はギチギチのファスナーを下すのに苦労するなんてこともよくありました。そんなとき出会ったのが、ファンファレから発売されているするるのおめぐ実です。飲み続けること数週間、明らかな変化を実感しました。足のむくみが気にならないのです。ブーツのファスナーがギチギチになっているなんてこともなければ、翌日脚にだるさを感じるということもなくなりました。また、心なしか頬もすっきりして、全身のむくみに効いているようでした。心持ち楽になれば……程度に飲み始めたサプリでしたが、灰褐色の小さな錠剤にこんな効果が詰まっているなんて驚きでした。これからも愛飲していきたいです。

アンチエイジングに大事なことは清潔感、細やかなところまで徹底的に綺麗に整えます

アンチエイジングに大事なことは清潔感です。では、清潔感はどうやって身に付くのでしょうか?それは、自分を客観的に見ることです。鼻毛や耳毛や髭などしっかり清潔にしている人が少ないのが現状です。年齢を重ねれば重ねるほどなかなか気がつかない細かなところまで徹底的に綺麗にすることが大事です。鼻毛カッターや耳毛カッター、髭トリマーで整えます。眉毛も雑誌などを見て綺麗に整えます。これだけで10歳もしくはそれ以上に若返ることがあります。次に肌です。肌にシミがついていたり、弛んでいたら老けて見られます。夏の日など日差しが強いときは男性でも日焼け止めを塗ったり、日焼け防止をします。そして、肌が弛まないように両手を使って口元や目元などを定期的に引っ張りあげたりします。それをするだけでも効果があり、アンチエイジングに良いです。